車の保険にあるグリーンは初心者マーク?

 

車の保険、グリーンとは、
まだ運転してあまり日が経っていない状態を指します。
一番最初は、誰でも免許証はグリーンになります。
そこから更新をするたびに色が変わっていきます。

 

 

グリーンの次は、「ブルー」になります。
ブルーになると、それからゴールドになるまで
数年無事故で運転しなければいけません。
もちろん事故に遭わないだけでなく、
違反をしないことも大事。
5年間、無事故で無違反だった場合は、
念願のゴールド免許になります。

 

 

 

しかし、ペーパードライバーでも、
免許の更新をするとゴールド免許になりやすいですね。
運転をしていないのですから、
当然事故も起こしませんし、違反もないからです。

 

 

ちなみに、免許の色が変わると、保険料にも影響します。
グリーンは初心者なので、当然保険料はそのまま。
でも、ブルーニなると保険料は安くなります。
ゴールドになると、もっと保険料は安くなりますね。

 

 

 

安くなる順番は、グリーン>ブルー>ゴールド。
しかしなかには、グリーンとブルーを区分しない場合もあり、
ゴールドを重視する保険会社も多いでしょう。
もちろん、どんな色の免許であっても、
無事故無違反であることは大切です。

チャイルドシートが乗せられる軽自動車とは?

 

小さいお子さんがいる家庭で、軽自動車を利用している方は少なくありません。
ファミリー向けの車はワゴンタイプが多いですが、
子供が小さいうちは軽自動車を・・・という方は結構いるようです。

 

 

しかし、気になるのが“チャイルドシート”です。
チャイルドシートのタイプによっては、
軽自動車に乗せられないものがあります。
でも、だからといって
「車を買おう!」とすぐに決断するのは難しいですよね。
しかも、軽自動車から普通自動車に変えると、
さまざまな面で高くついてしまいます。

 

 

 

では、軽自動車でチャイルドシートを利用する場合、
どうすれば良いのでしょうか?
ポイントは2つ。

 

 

◎チャイルドシートが乗せられる軽自動車を選ぶ
◎軽自動車にあったチャイルドシートを選ぶ

 

 

 

子供がいない家庭でも、
将来を考えてチャイルドシートが積める軽自動車を選ぶと、
いざという時に安心です。
もちろん、軽自動車から普通自動車に乗り換えるのでもOKです。
また、最近は軽自動車のように小型車に適した
チャイルドシートも増えてきています。

 

 

たとえば、
・エールベベ「キュートフィックス」
・エールベベ「クルットNT2」

 

 

 

エールベベのチャイルドシートは、
軽自動車でもラクラク積むことができ、使いやすい構造が人気です。

 

愛知でマイカーを売る手順とは